2018年度の各種の活動履歴 
 目次:
  1) 4月の花壇清掃とお花見会 (2018/4/1)
  2) 4月清掃:木崎橋〜松ヶ崎橋  (2018/4/11)
  3) イオン助成金の授与式  (2018/4/11)
  4) 5月の花壇清掃 (2018/5/1)
  5) 柏市民活動フェスタで魚たちとパネルの展示 (2018/5/13)
  6) 5月清掃:松ヶ崎橋〜昭和橋  (2018/5/19)
  7) 水生生物調査(1):大堀川下流域  (2018/5/23)
  8) 6月の花壇清掃 (2018/6/1)
  9) 水生生物調査(2):地金堀上流正連寺の小川  (2018/6/12)
  10) 合同清掃@大津川: 母路橋〜白幡橋下流  (2018/6/17)
  




「合同清掃@大津川 母路橋〜白幡橋下流 2018.6.17(日)


●白幡橋から下流の清掃。マウス乗せるともう1枚(上流の様子)●
【日 時】 6月17日(日) 9時半〜12時過ぎ、 曇り
【場 所】 大津川の母路(ぼろ)橋〜白幡橋下流
【参加者】  40名  世話役: 大津川の会、新保、堤田
 大津川をきれいにする会:22名 鎌ヶ谷・大津川を清流にする会:7名
 当会11名:青木、沖田、加藤(正)、加藤(雅)、金木、河井、新保、
        堤田、中野、深津、湯原       ※名簿から
     
【収集ゴミ】(凡その内容)
   赤袋(不燃)10、青袋(缶ビン)3、白袋(可燃)7
   自転車x1、タイヤx1、バッテリーx1、段ボール、
   水吸った古着やじゅうたん数点など
【コメント】 (写真:青木さん、堤田)
 雨続きの狭間の曇り空。当会11名は六実駅に9時集合で、大津川の会の案内図に沿って白幡橋に参集しました。大津川の登森さんの段取り説明、長原代表の挨拶、そして体操の後、3つの班に分れて9:40に清掃スタート。
 殆どのゴミは川の中にあり、3つの班それぞれ3名の胴長班がレーキで掻き出しトロ船でゴミ運搬。すかさず岸から降ろされた脚立でトロ船を引っ張り上げて陸上班がゴミ分別(注1)。大物ゴミはロープで数人が力を合わせて引っ張り上げ。運搬路は白幡橋から上流側の母路橋までは左岸の木道、右岸の草刈り跡、白幡橋から下流は左岸の草刈跡でした。 (注1)鎌ヶ谷市エリアのため当地ルールに従い不燃ごみは赤袋、可燃ごみは白袋、缶ビンは青袋に分別した。
 10:50までに掃除終了し、11:00過ぎから近くの宝泉院の境内で、大津川の輿石さんの進行で昼食しながらの3団体交流会でした。美味しい差し入れには感謝です。途中、当会と鎌ヶ谷の会からの挨拶、そして会の会員数(注2)、主な活動の概略紹介等があり、12:30頃に散会となりました。 (注2)大津川の会:47、鎌ヶ谷の会17、当会32
 私たちにとって大津川の初エリアを体験でき良い一日となりました。大津川の会の皆さん、大変お世話になり有り難うございました。
大津川の会から頂いた作業分担表の地図

A〜Cの3班に分れての清掃でした。

集合場所の様子

大津川の輿石さん、登森さん、長原代表

9:40清掃スタート。白幡橋下流にて

自転車をロープをくくる

2本のロープで引っ張り上げ

やっと上がった自転車

脚立を降ろし、トロ船を引き揚げる

皆で引き揚げ

陸上ではゴミ分別

一方の白幡橋の上流側

歩きやすそうだが、、、

川底には多くのゴミが、、。

同じく上流側

水を吸った重い古着やじゅうたん

集積場所でゴミ整理

母路(ぼろ)橋から下流の景観

岸辺からへっぴり腰で

母路橋下流側の左岸にある遊歩道

岸辺のあちこちで咲いていたクサノオウ

水草が多く清流に見える

かば田んぼ(流域の田んぼ)紹介看板

大津川2団体の道具

約5メートル長の引っ掻き棒

白幡橋たもとへの集積ゴミ

交流会スタート

輿石さん音頭で乾杯!

12:30の散会後の境内の様子

 



「水生生物調査(2)」   2018.6.12(火)


●調査の様子●
【日 時】 6月12日(火) 9時〜11時半 
【場 所】 地金堀上流正連寺の小川
【参加者】  12名   世話役: 青木
柏自然ウォッチャーズ)青木*、島田、中野*、畠山、森、山本修。 柏環境ステーション)川瀬、下間。当会)加藤哲、加藤正、冠木、石田、湯原。  *は当会兼
【調査成果】
 ミナミメダカ1、アメリカザリガニ100超、
 コジュケイ1、シジュウカラ3、ツバメ、

 アメンボ30、オトシブミ3、コガネグモ1、
 チビタマムシ幼虫30、ナナフシモドキ1、チダケサシ1
【青木さんコメント】 (写真:山本さん、島田さん、青木さん)
 こんぶくろ池の下流であること等からある程度の生物棲息を期待したが、ザリガニだらけで魚はメダカ1匹という悲惨な結果に終わった。
 調査個所は以前から汚ない小川ではあったが、10年程前の正連寺地区一帯の開発が始まる前は、この下流(現在は立入れない)で小魚が群れるのが確認されいた。従って、開発による水生生物環境の悪化が各所に及んでいるのではないかと危惧される。
 自然環境調査とは切り離すが、一度地金堀の最上流から下流までの水生生物の状況調査が必要であると思わされた。

一匹だけ見つかったミナミメダカ

アメリカザリガニがうじゃうじゃ

獲物を捕らえたアメンボ

チビタマムシの幼虫

オトシブミ

コガネグモ

調査域の上流端

調査域の下流端

調査の様子

 




「6月の花壇清掃」  2018.6.1(金)

【日 時】 6月1日(金) 9時〜10時半
【場 所】 木崎橋近くの当会花壇
【参加者】  4名   世話役: 増田、冠木
小林、冠木、藤井、増田
【小林さんコメント】 (写真も小林さん)
 オキザリスを植えたのですが、、。
 行方不明になりました。そこに初雪草を植えました。

早咲きのハギ

ハツユキソウ(初雪層)

ホタルブクロ

 



「水生生物調査(1)」   2018.5.23(水)


●参加された皆さん! ※他に4名居られました。●
【日 時】 5月23日(水) 9時〜11時半 
【場 所】 大堀川下流のふるさと大橋上流部
【参加者】  12名   世話役: 青木
柏自然ウォッチャーズ)青木*、島田、中野*、畠山、森。 柏環境ステーション)川瀬、下間。当会)加藤哲、加藤正、冠木、堤田、湯原。  *は当会兼
【調査成果】
 ギンブナ6(稚魚)、クロダハゼ1、コイ10(目視)
 ツチフキ10
(稚魚)、スジエビ20、ヒメタニシ2、
 アメリカザリガニ7、コフハクチョウ7(一家)
 アメンボ10(目視)
【青木さんコメント】 (写真も青木さん)
 お陰様で、雨模様にもちょこっと降られただけで無事完遂できました。
 しかし下流部は水深が深く岸辺はアシが繁茂しているため、網を岸に充分押し付けることが難しくて魚の逃げ場がいっぱい出来てしまい、ガサガサではあまり収穫はありませんでした。これも勉強でしょう。餌付きの四手網など別の手段も必要のようです。
 ただこれまで僅かだったギンブナ(稚魚)など目新しいものも捕まり、コブハクチョウ一家の目の前までの訪問など楽しいこともありました。

ギンブナの稚魚

クロダハゼ

ツチフキの稚魚

コブハクチョウの一家

岸辺のガサガサ風景

左岸からみた調査域の下流端

 




「5月清掃」 松ヶ崎橋〜昭和橋 2018.5.19(土)

【日 時】 4月11日(水) 9時半〜11時 (8:50道具小屋)
【場 所】 松ヶ崎橋〜昭和橋の間の水辺
【参加者】  9名   世話役: 青木、藤井
深津、加藤(正)、藤井、冠木、青木、尾曲、新保、木村、堤田
【収集ゴミ】(凡その内容)
   青大袋 11、矢板(2m長)、トタン波板(2m長)、
   自転車1台、傘x2、鉄のガスコンロなど等
【世話役・藤井さんコメント】 (写真は青木、堤田)
 予報では19日は雨天とのこと。天は我々に味方したのか、朝には雨は止みさわやかで絶好の清掃日和で気持ちよい汗をかきました。
 4月の月例清掃でそのままにされていた”矢板”をロープで引き上げ又胴長を着用の深津さん、加藤さんには自転車の引き上げ、運搬に苦心。
 終了後の打ち上げでビールのうまかったこと。参加の皆様大変お疲れさんでした。
【余談】 カラフルな野花が元気でした。また、帰路の風車小屋向かいで白鳥の親子もいました。(末尾に写真)

【前作業】 前月の取り残した重い”矢板”

【前作業】 ⇒ ロープで引き揚げ

【前作業】 ⇒ 道路際まで引きずり出した!

左岸、右岸に分れて

最初、両岸とも歩き易かった

ヤナギに絡みつく枯れ草とゴミ

水面は穏やか

ヤナギに絡みつく枯れ草とゴミ

トタン板の引き上げ

胴長班のゴミの引き揚げ

岸辺でゴミ整理

引っ掻き棒で、、

左岸の背丈ほどの草むら

左岸はやや浅め

右岸は結構深かった!

自転車も顔出した

力持ち

壊れた自転車、、運ぶのが大苦労

収集ゴミ

木崎橋から上流を臨む

白鳥の親子 @作業後の風車小屋向かいで
新緑の中、花も一杯でした!

タンポポと蜜を吸うベニシジミ

ニワゼキショウ

カタバミ

ユウゲショウ

オオバコ

ハルジオン

シナサワグルミと長い実

堤の上で満開のサツキ

 



「柏市民活動フェスタ」  2018.5.13(日)

【日 時】 5月13日(日) 9時〜12時半 (雨で早期撤収)
【場 所】 イトーヨーカドー前の歩行者天国
【参加者】  8名   世話役: 小林、寺尾
加藤(正)、小林、新保、堤田、寺尾、藤井、増田、湯原
ようす】 (写真:堤田)
 魚達にはほど良い曇り空、寺尾さんの車で展示物を9時過ぎから運び込み、10時からの歩行者天国の本番に備えました。
 強い雨雲がやって来るとの天気予報のせいか、人通りもほどほどでしたが、やはり魚たちの人気は格別。少年たちや、お父さんに抱えられた小さな子どもたちも長く足を止めてくれました。「大堀川もきれいになったね!」 との声も少なくなかったようです。
 昼前からポツリポツリが始まり、12:30には現地撤収と相成りました。幸か不幸かの早じまい!!

子ども達の関心は高い

大堀川について話をしながら、、

魚たちがメインテーブルに

船田さんの釣竿が大活躍

でも、、なかなか釣れない

お腹いっぱいなのか、エサに食いつかない

小林さん曰く「いろいろ居る魚たち」

チーバくんから激励

お疲れさん!

 



「5月の花壇清掃」  2018.5.1(火)

【日 時】 5月1日(火) 9時〜10時 【参加者】  4名(冠木、小林、藤井、増田   世話役: 増田、冠木
 数年前に花壇にグミィの木をどなたかが置いていかれました。その木に実がなりました。(小林さん談)

シラン

ヒオウギ

グミ

上流側の花壇

中央の花壇

下流側の花壇

 



「イオン助成金の授与式」  2018.4.11(水)

【日 時】 4月11日(水) イオン 幸せの黄色いイエローシートキャンペーン」の毎月11日で広報活動を行ってきた成果により、当会活動への助成金を授与いただきました。
【場 所】 イオン柏店にて
【参加者】  3名   小林、藤井、寺尾

会月の広報活動、お疲れさま

授与された団体等の皆さん

 



「4月清掃」 木崎橋〜松ヶ崎橋 2018.4.11(水)

【日 時】 4月11日(水) 9時半〜11時 (8:50道具小屋)
【場 所】 松ヶ崎橋〜木崎橋間の水辺
【参加者】  11名   世話役: 中野 (河井当日欠
青木、尾曲、加藤(正)、加藤(哲)、冠木、新保、深津、船田、増田、湯原、中野
【収集ゴミ】(凡その内容)
   青大袋 13、自転車1台、マット3枚など等
【世話役さんコメント】 (写真は青木、加藤(正))
 早朝、低気圧の影響で天気を心配しましたが、時折、晴れ間ものぞく清掃日和でした。
 大勢の方に来てもらい、胴長3名で川中を、8名が左右に分かれて岸辺を清掃しました。岸辺は概ねゴミは少なく順調に清掃できましたが、松ヶ崎橋の上流の川中にはゴミが堆積しており、自転車の他、泥・水を含んだマットは道路までの引き上げに苦労しました。
 終了後、花壇に集まり集合写真を撮り、一杯やろうかと思っていた所、急に曇り空となり、相談の結果、今日はこれまでとここで打ち上げとなりました。皆さんお疲れ様でした。

右岸と川の中の掃除

左岸の掃除

土手一面のヒメオドリコソウと菜の花

収集ゴミ

GiveUpゴミ・・・これは翌月作業用

右岸の崖下に沢山出ていたパピリオナケア

 




「4月の花壇清掃とお花見会」 2018.4.1(日)


●花見の後の皆さん!●
【日時】 4月1日(日) 10時〜花壇清掃、11時〜お花見
【参加者】 7名  世話役:増田、冠木
  青木、冠木、新保、堤田、深津、藤井、増田
 【コメント
 ポカポカの陽気のなか、花壇清掃と花見をやりました、こんな気持ちのいい花見は、初めてです。
 藤井さんの持ってきた、ごみ運び道具は、グッドアイデアで使いやすいです。(冠木)
 作業内容: 中花壇の蛇イチゴの根の半分除去、菊の3分の1除去、痛取の抜き取り、他雑草の除去。3月24日新規植栽の雪柳、および植え替えのマユミへの水補給、桜吹雪の中、天候にも恵まれ有意義な作業でした。 皆様からの種々のアドバイス、ありがとうございました。(増田)
  「当会の五本桜と花壇の様子」はこちら


花壇清掃中の皆さん

お花見懇談中の皆さん

●参加された皆さん! ※他に4名居られました。●

桜並木・・・向こうが当会花壇

    
 


Copyright (C)2017, 大堀川の水辺をきれいにする会