2017年度の各種の活動履歴 
 目次:
  1) 4月の花壇清掃 (2017/4/12)
  2) 4月清掃:勝橋〜新堤橋の両岸と川中 (2017/4/21)
  3) 柏市民活動フェスタ @柏駅東口Wデッキ(2017/5/14)
  4) 5月清掃:木崎橋〜JR鉄橋下の水辺 (2017/5/20)
  5) 「水生生物調査(1)」 地金堀合流点で (2017/5/23)
  6) 6月の花壇清掃 (2017/6/1)
  7) 大津川の会と合同清掃 (2017/6/10)
  8) 「水生生物調査(2)」 松ヶ崎橋で (2017/6/16)
 




「水生生物調査(2)」 松ヶ崎橋で 2017.6.16(金)


●上流側での魚捕り光景!●
【日 時】 6月16日(金) 9時〜11時、晴れ
【場 所】 松ヶ崎橋で
【参加者】  ●名   世話役: 青木
後日記載します
【コメント】 (文・写真は青木さん)
 本日の大堀川水生生物調査にご参加いただいた皆様、ご苦労様でした。
 本日もそうでしたが、今年の調査では魚の種類・量ともに少なくて心配を感じる状況が続いています。 幼魚での同定は難しいことも改めて感じました。
 今回の主な写真を紹介します。 ウキゴリ等のハゼ科は背びれが二つに分かれているのが特徴で、今回の幼魚も写真を拡大してみるとそれが分かるようです。
 参考までに、コイ科(大堀川の多くの魚がコイ科です)とハゼ科の形の違いの図も引用しておきます。

オオカナダモとエビモ

テナガエビ
 

ウキゴリの子供
 

モツゴ

コイ科の特徴
 

ハゼ科の特徴
 

 




「大津川の会と合同清掃」 北柏橋〜ふるさと大橋 2017.6.10(土)


●いざこれから! マウス置くともう1つの集合写真●
【日 時】 6月10日(土) 9時半〜12時半、快晴
【場 所】 北柏橋〜柏ふるさと大橋の階段と水辺
【参加者】  26名   世話役: 小林、藤波
   大津川の会) 長原代表、他7名
   当会) 18名 青木、尾曲、座田、佐藤、加藤、冠木、河井、
     木村、黒田、小林、新保、堤田、中野、藤井、藤波、
     船田、増田、湯原
【収集ゴミ】(凡その内容) 青袋x9、黄袋x4、
  白レジ袋x1、自転車x1、タイヤx1、鉄パイプx1
【皆さんのコメント】 (写真は青木・堤田)
  梅雨入り直後ながら夏日の暑さの中、大津川の会から8名、当会18名、総勢26名が風車小屋に集合し、段取り確認の後、3つの作業に分れて汗をかきました。
 階段草刈りは上流側、下流側の2班に分れ、刈込ばさみ、草刈かま等で草刈りした後、ほうきがけして水辺階段を復活させました。胴長は4名、岸辺すら腰まで浸かる深さのため、そろそろ足場を確認しながらの作業でしたが、やはり水中からはタイヤ、絡まった釣り道具等が出てきました。ボートは両会ペアで2人乗りが2艘、上流側と下流側をそれぞれ探索しましたが、これまたゴミは殆どなかったようでした。
 1時間半の作業、更に道具洗いをした後、11時半から木陰を見つけて小林さんのテンポのある進行で懇親会が始まりました。印象に残った次のような意見のやり取りがありました。大津川からは「大堀川はゴミが少ない。大津川はみんなで担ぎ上げるゴミが少なくない。遊歩道等整備で人の目につきやすい水辺になっているからだろう。」 大堀川からは「大津川の方は良く働く、精鋭ぞろいだった。我々は大雑把なところあり。」といった話で盛り上がりました。驚いたことは大津川の若手Oさんが大堀川であれこれ調査されており、珍しい水生生物がいることや大昔の地震等がもたらした地質的な特徴について、ご知見を披露頂いたことです。我々にとっては”灯台もと暮らし”といったところでした。
 およそ12時半、河井さんの1本締めによって、盛会のうちに散会となりました。どなたも熱中症にならずに良い合同の集いでした。誠にお疲れ様でした。

当会事前の段取り確認

ボートの担ぎ出し 

〜ふるさと大橋から上流を臨む〜

小林さんによる開始宣言

下流側の陸上班ミーティング

上流側の陸上班ミーティング

下流側: 階段清掃の様子1

下流側: 階段清掃の様子2

下流側: きれいになった階段の例

上流側: 階段清掃の様子1

 
 上流側: 階段清掃の様子2

上流側: きれいになった階段の例

ゴミ拾いもやっています!

 草刈り機も活躍しました!

〜北柏橋から下流側を臨む〜

胴長班: 小屋前からスタート

 
 胴長班: ゴムタイヤを引き上げました!

胴長班: 岸辺の葦のすき間から

胴長班: 腰まで浸かって奮闘1

 
 胴長班: 腰まで浸かって奮闘2

胴長班: 陸に上がってゴミ集積

ボート班: 小屋前からスタート

ボート班: それぞれ上流、下流へ 
 

ボート班: 大津川と当会がペアで!

懇親会スタート: かんぱーい!

懇親もよう
 

河井さんの1本締め

増田さんの音頭でシート畳み

ゴムボートも畳んでしまいました

集積したゴミ (柏ふるさと大橋左岸)

 



「6月の花壇清掃」   2017.6.1(木)


●皆さんお疲れ様でした!●
【日 時】 6月1日(木) 9:00〜10:15、曇り
【場 所】 木崎橋左岸の上流側の当会花壇
【参加者】  4名   世話役: 冠木、増田
   写真 左から) 木村、小林、増田、冠木
【コメント】 (写真は小林さん)
 天気予報は午前は雨。
 まだ、降り出してなっかたので、花壇に行きました。ムシムシするなかでしたが、無事、作業終了。雨が降らなかったのが、ラッキーでした。
 まあなんとかキレイななりました。 (冠木)
 
 上流の花壇に百合が咲きました。(写真左、小林)

下流側の花壇

中央の花壇
 

上流側の花壇
 

 



「水生生物調査(1)」 地金堀合流点で 2017.5.23(火)

【日 時】 5月23日(火) 9時〜11時、晴れ 【コメント】 (写真含め、青木さん)
【場 所】 大堀川本流と地金堀との合流点で  今回は確認できた魚の種類が5種と何時もより少なかったのですが、季節的なものかもしれません。
 それでもギンブナの幼魚が捕れたり、珍しいタウナギを柴田さんがゲットしたりとこれまでにないこともありました。
 本流の左岸に特定外来生物のオオカワジシャの群生が現れて来ていて、今後注視していく必要があります。
【参加者】  10名   世話役: 青木
  柏自然ウォッチャーズ) 山本修、中野*、森、佐原、青木*
  当会) 冠木、加藤、湯原、 以外)柴田   (注)*は当会と兼
確認できた水生生物(数)
魚類 ウキゴリ(1)、ギンブナ(30)
、コイ(30)、タウナギ(1)、ヌマチチブ(30,R)
甲殻類 スジエビ(30,R)、アメリカザリガニ(1)
爬虫類 ミシシッピーアカミミガメ(3)
両生類 ウシガエルの卵塊
昆虫 ハグロトンボのヤゴ(4)、ユスリカの幼虫(1)
植物 エビモ(初確認)、オオカワジシャ(2群)

ヌマチチブ (千葉県レッドリスト掲載種)

ウキゴリ

タウナギ

ミシシッピーアカミミガメとアメリカザリガニ

ギンブナの幼魚

ハグロトンボのヤゴ

オオカワジシャ

エビモ

 



「5月清掃」 木崎橋〜JR鉄橋までの水辺 2017.5.20(土)


●猛暑の中、皆さんお疲れ様でした!●
【日 時】 5月20日(土) 9時〜10時、快晴
【場 所】 木崎橋〜JR常磐線高架下
        (左岸は6号線高架下まで)
【参加者】  13名   世話役: 佐藤、黒田
   写真 後列左から) 櫻井*、河井、加藤、船田、尾曲、山口、藤井
   前列左から) 青木、佐藤、小林、木村、新保  写真外) 黒田

   (注)*は一般参加
【収集ゴミ】(凡その内容)
   青大袋 15、黄袋7 、緑ネット2、
   タイヤ2、鉄線4、鉄棒、傘、ポリタンク、ヤカン、
   水筒、竹束 など等
【皆さんのコメント】 (写真は黒田・青木さん)
 本日は真夏のような天候に恵まれ、多数参加でありがとうございました。朝の出発時点で風もなく、真夏の陽気でした。
 木崎橋からJR高架下までの清掃でしたが、先週カシニワの方々の清掃活動で、土手の右岸は雑草もきれいに刈られておりきれいになっておりましたが、左岸では相変わらずたくさんのゴミがありました。
 最近感じたことは、大堀川も皆さんの清掃活動意識が変わってきているようです。これからの我々の清掃活動は大堀川の中がメインになりそうです。市民のみなさんが出来ないような場所をきれいにするような活動をしたいと思います。(佐藤)
---------------------------------
 本日は朝から梅雨前の猛暑の下、新しい一輪車を使用して準備し、会長以下13名の面々が参集しました。 にも関わらず、先週他カシニワ?の方々が既に清掃したとのことでゴミは少なく、土手及び花壇廻りの雑草も刈り取られいて拍子抜けの感もありました。
 そうした中、胴長隊を中心にした川床の保護シート撤去や左岸では6号線下や物流センター横の大量ごみ集積所の整理などを行い、ほぼ1時間で清掃を終了しました。
 その後10名が道具小屋に移動し、小屋内の整理や不要物整理を精力的に行い12時に本日の作業を終了しました。(黒田)
---------------------------------
 今日は真夏を思わせる強い日差しの中での清掃でした。
 松ヶ崎水と緑の会の方々が清掃した後だそうで土手のゴミは僅かでしたが、左岸に3か所の不法投棄がありその片付けに汗をかきました。 川底に埋まったブルーシートは胴長と陸上協働で何とか半分程引き上げました。 お疲れ様でした。(青木)

胴長班と陸上班の連携作業 〜 向こう土手は草刈りされていた

ブルーシート引き上げ

地金堀水門傍の不法投棄を除去

呼塚橋下の不法投棄を除去
 

袋詰めして運び出し
 

胴長で川底を探る

集積したゴミ (木崎橋左岸)

集積したゴミ (北柏橋右岸)

 



「柏市民活動フェスタ」 柏駅東口デッキ 2017.5.14(日)


●駅前デッキでの当会展示のようす●
【日 時】 5月14日(日) 10時〜16時、曇り
【場 所】 柏駅東口Wデッキのテント会場
【参加者】  14名   世話役: 小林
         沖田直、加藤、冠木、河井 木村、黒田、小林、佐藤、
         新保、寺尾、中野、深津、船田、堤田
【コメント】 (写真は黒田さん、堤田)
 涼しめ曇り空、魚達にとっては過ぎしやすい日和でした。他方、人にとっては外出をためらう気配で例年に比べ人通りは少なめでしたが、親子連れの皆さんにはゆっくり足を止めて頂けたようです。
 今回、多くの子ども達が魚釣りにチャレンジしました。水槽を泳ぐフナとタナゴに対し、30センチ程度の竹竿で釣り糸を垂れて貰いました。昼ごろまで見事釣り上げた名人は2人でした。うち一人は女の子でして、釣れないお兄ちゃんへ自慢しているのが印象的でした。
 人引き好感度が抜群の魚達の力を借り、私たち本業の「大堀川の川掃除」も大いにプレゼンしました。小林代表は、例によって胴長姿でアッピールしていました。

子ども達に囲まれる魚達

夢中! 釣り糸を垂れる少年

後ろから応援するお母さん・お父さん

釣れた瞬間 〜フナを引き上げています

タナゴとフナが主役

子ども達はやはり魚に興味

大人の方々は清掃にも関心いただけた

巡回中の秋山柏市長への説明

秋山柏市長を囲んで

 




「4月清掃」 勝橋〜新堤橋の両岸と川中 2017.4.21(金)


●マウスを置くと新堤橋下の水辺景観が見れます!●
【日 時】 4月21日(日) 9時半〜10時半、曇り
【場 所】 勝橋〜新堤橋の両岸と川中
【参加者】  13名   世話役: 加藤、寺尾
 写真 後列左から)新保、深津、尾曲、黒田、寺尾
 前列左から)船田、河井、加藤、青木、 写真外)中野、木村、石田、増田
【収集ゴミ】(凡その内容)
   青大袋 10、黄袋4 、自転車2、バイク半分1、
   水吸ったじゅうたん など等
【世話役の加藤さんコメント】 (写真は寺尾さん、青木さん)
 曇り、暑からず寒からず、道具小屋にて寺尾車に道具積み込み。集合場所の勝橋に向かう、途中で加藤がカバンが無い事に気づき、道具小屋まで戻る、しかし発見できず、家に置き忘れと見做し戻る(しかし家にも無かった)。
 作業範囲は草が高く繁茂、ごみは少なかった。胴長班は回収量が相当にあったが、陸上班が早めに終わったので終点(勝橋)では急いで上がって貰った。10時半に終了、現地解散。
 帰りがけ、散歩している人に勝橋で、「未だ1台 川中にありますね」と声掛けられる。見たら確かにある、勝橋下。我々の見逃しだ。更には、遊歩道横に放置されて期日が経つ自転車があるとのことで、これはゴミに追加した。
<失敗> 当日夕方尾曲さんが所用で付近を通りかかったら、新堤橋の左岸に引掻棒と黄袋が放置されているのを発見、自宅に持ち帰り処置してくれた。彼が認知してくれなければずーとそのままであった筈だ。犯人は加藤である。
←左写真:新堤橋付近の水草”オオカナガモ” 

自転車の引き上げ

カラシナと新緑の中

陸上と川中からの連携作業1

陸上と川中からの連携作業2

水際からのゴミ引っ張り上げ

集積したゴミ

 




「4月の花壇清掃」 2016.4.12(水)


●参加した皆さん、お疲れ様!●
【日 時】 4月12日(水) 9時〜11時頃、晴れ
【参加者】 8名+1  世話役:小林
   右写真の後左から) 青木、藤井、増田、中野、新保、
前左から) 湯原、冠木、小林  +ワンちゃん
  
 【青木さんコメント(写真も青木さん)
  本日はいい天気で、サクラを楽しみながら気持ちよく花壇の草取りと土入れをやりました。
 多くの品種が雑草に負けじと伸び出して来て、開花が楽しみです。お近くの方たまには覗いてみてください。

 #ワンちゃんもカメラ目線!!
     

 


Copyright (C)2017, 大堀川の水辺をきれいにする会