大堀川の水辺をきれいにする会 

2014年 晩秋の群馬旅行 〜河井さんの旅便り〜

 富岡製糸場と八ツ場ダムの旅 2014   大堀川の水辺をきれいにする会  
 12月3日(土)快晴 上野駅のボックスシートから旅は始まった。シート3箇所を占拠して早速のご開帳。 煎餅、南京豆、チーカマ、乾パン、缶ビールに缶チュウハイ ・・・ サンタのおじさん達のリュックから次々出てくる。「朝からイッパイとは元旦ぐらいだなァ 」 と思わず笑みがこぼれる  )^o^( (^o^) (^_^) 
 ♪今は山中、今は浜/今は鉄橋渡るぞと/思う間もなくトンネルの/闇を通って広野原♪♪/遠くに見〜える村の屋根/近くに見ぃえる町の軒(のき)/ 森や林や田や畠、後(あ〜と)へ後へと飛んで行く♪♪〜〜。
 懐かしの尋常小学唱歌そのままの車窓の景色を眺めながら、気の知れた仲間と一献やりながらのひと時は云うに云われぬヌクモリを乗せて電車は走る。
 やがて高崎駅、ここで高橋利郎さんが乗り込んできた。 聞けば近くの実家からのお出ましとか。 これにて佐藤幹事長を筆頭に船田、木村、芝原、新保、加藤、湯原、黒田、青木、中野、酒井、高橋利郎、河井 以上ロートル13人は全員集合。
 
 上州電鉄に乗換え40分程で上州富岡駅11時着。ここから歩いて富岡製糸場への両側は商店が軒並み。 店内は勿論、電柱もなんもかも≪世界遺産登録≫の旗やビラ、幔幕だらけ。我ら先ずは腹ごしらえと正門前の店にて「峠の釜めし」千円也を頂戴。
 さて、今旅行目玉の製糸場見物、上州名物空っ風の中、二組に分かれてボランティアガイドにくっついて行く。見たかったのは(この字よ〜く見て。虫と糸を囲んで草かんむり)から糸が紡がれる仕掛なのだが、建物の説明が主でがっかり。おばちゃんガイドに付いた組は面白い説明が聴けたらしい。
 
 先程の駅へ戻り、上州富岡⇒高崎⇒川原湯温泉駅と行く。
 降りたったのは我が13人の侍のみ。先月出来たばかりのピッカピカ駅ながら、西瓜ならぬスイカがダメとあって慣れぬ留守番駅員の機器操作でもたついたが、宿の親爺が車で迎えに来てて無事本日の宿「
ゆうあい」到着。
 なんと玄関が四階。崖にしがみつくように造られた館は急角度の階段を手すりに伝って降り、三階と二階の3室へ分散。一番下の階で風呂に浸る。今日は他に客ナシと聞いて女風呂も占拠。
 
 そして待望の宴会
 カンパ〜イの後は先程の出迎えオヤジの長〜い挨拶。社長とか云うのだが、よくしゃべるしゃべる、それでいて、こっちの話にはまるで馬耳東風。耳が遠いのかなぁ、と思ったら 「お銚子5本追加」の注文には「ハイ」と即答・即帳場へ走る。ハハァ〜と一同納得、いいミミしてました。
 
ニ次会は大部屋、炬燵の周りに24本の足を突っ込んで11時過ぎまで侃々諤々(かんかんがくがく)。 メインテーマはこの会らしく【ゴミ問題】としておこう。<拾うばかりじゃノウがない、如何にすればゴミを失くせるか>という遠大な問題提示を披露された御仁もいて、激論は深更に及んでも終わらない。
 
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
    12月4日(日) 晴のち曇 朝風呂浴びて8時朝食、9時半宿の車で道の駅まで送って貰い、建設中の八ツ場ダム見学。国土交通省のバスで3人の方に2時間みっちりガイドして頂いたが、適度な揺れと子守唄のような説明を耳に筆者不覚にも夢の中をさまよう。思い出せるのは、何千億とかいう我らが血税を投じて巨大な橋を三つも造り、代替地に移転した建物は豪邸ばかり。立体交差の道路、滅多にお目にかかれぬ地中に埋めた電柱、豪勢な共同浴場等々目を見張るインフラ。それでいて、この長野原町人口は6千人を切り、この20年間で18%減少、人口の32%が65歳以上、「消滅可能性自治体」に挙がっている (2014.11.21, 日本経済新聞 北関東版) と云うから憤りを通り越してなにやら物悲しい。  
   近くのレストランで{エビ天入りうどん+ビール+コーヒー}で昼食後は一路帰途へ。
 車中は、[ 列車は左側通行か]、[ 1号車、2号車等の列車番号はどういう規則で付いてるか]、[ 橋の玄関・裏口はあるか]などいささかオタクの咄に花が咲く。 因みにネットにあったベストアンサー<現行の鉄道事業法に規定はないのではないか。ただ現実としては、鉄道は左側通行>とあった。 蛇足ながら、船と飛行機は右側通行らしい。「船 通行」等指定でネット検索すれば沢山出てきます。
 かくして電車は黄昏の5時前上野駅にすべり込んでこの珍道中にピリオドが打たれた。
 
    今回、佐藤幹事長の綿密かつ周到なスケジュールと進行により、誠に楽しく親交を温める一泊旅行となったことに深謝申し上げます。 ほんとにご苦労様でした。  
   (2014.12.8作成 河井 )  

 Copyright (C) 大堀川の水辺をきれいにする会 

_